IMG_3850
最近ドラクエライバルズ記事が多くすみません!

ライバルズ興味ない方はスルーしてください。

1/1から始まったロンダルキア杯、1/9にレジェンド達成しました。



IMG_3835
第2回の勇者杯は年末に達成と始まってからギリギリでしたので、1万位圏外でしたが、今回は早期に達成できたので、一番ドベでも4516位。

10分毎に5人ぐらいのペースでレジェンド達成が増えてるっぽいです。

ちなみに第1回の竜王杯はなんと4万人以上がレジェンドを達成したとか。

プレイヤー人口も相当多いと思われるので、4万人が多いか少ないか測りかねますが、レジェンド限定スリーブが欲しかったので、とりあえずほっとしています。

今回はそんなレジェンド達成デッキを公開したいと思います。




記事の前にランキングの応援クリックありがとうございます♪
BLOG RANKING...

 


私の場合、頭の回転も遅く、頭が良くありません。なので立ち回りも下手です。
しかも時間切れで全部の行動ができないこともあります、笑

そんな私だからこそレジェンド1位のデッキよりも親近感があるのではと思っています。

例えばイチローのバッティングを真似してもイチローのように打てないですよね? 天才よりも努力型の人の方を真似るのが良いと個人的に思っています。


今回のレジェンド達成に使ったデッキは主に2つ。テリーとピサロです。

最近ミネアがとても流行っています。アグロテリーでミネアと対峙すると8割負ける印象です。それぐらい相性悪く感じます。

なので私もミネアを試したことがありました。そしたら・・全然ダメでした、笑

やはり慣れているキャラクターを極める方が良いと思います。

私の場合はそれがテリーとピサロでした。

ランプピサロ

IMG_3853
まずはピサロから。ピサロはランプピサロを採用。

見た目に物珍しさは無いですね。王道だと思います。

サイレスは役に立たないことも多いので、難しいところですが、ランプピサロの場合短期決戦にはなりづらいので、終盤までキープ対象です。

マルティナやドルマゲスがあればそっちを採用しても良いでしょう。キラーアーマーは特殊能力は無いものの基本スペックが高いので、出されると嫌なユニットです。

ちなみにレジェンドに行ってからはテリーがほとんど通用せず、こっちのデッキで勝率6割以上を達成しています。最初に引くカード次第でピサロは楽に勝つことができます。


【マリガン基準】
がいこつ・メラゴースト・闇への供物

闇への供物が引けるかどうかが大きな鍵です。供物対象はがいこつのように死亡後効果が発動するものにすれば無駄がありません。

強いカードはオーレン・進化の秘法はキープ候補ですが、やはり闇への供物を狙いにいくのが良い気がします。

テリーで戦うと相手がどんな大型ユニットを出してくるだろうとハラハラしながら戦うので心臓に悪いのですが、ピサロで戦うと大型ユニットをバンバン出す側になるので、ストレスは溜まりにくいです、笑


アグロテリー

IMG_3846
私がレジェンド達成できたデッキがこちら。
通常のアグロデッキと異なるのはキャットバットを外してガチャコッコを採用している点。

アグロでは必ずと言って良い程採用されているキャットバットですが、テリーと対戦することも多く、テンション能力の貫通技で一掃されてしまうため使いどころが難しい点と、アグロの天敵はスピード感を止められるガチャコッコですが、あえて自分で採用することによって盤面を守ることできます。

アグロでガチャコッコを採用している人はいないので、相手は面食らいますね。

そしてギガブレイクを採用している点。昨今防御力4コストが中盤に出てくることが多くなってきました。その場合1列に3ダメを与えるギガスラでは処理できません。なので1枚ギガブレイクを採用しています。これが重要な場面で役に立つことが多かったです。HP15以下の場合6ダメ与えられるのも大きいですね。

いたずらもぐらやプチアーノンを連続で出されるのも相手にとっては嫌でしょう。さらにガチャコッコまで出てきたら自分だったら阿鼻叫喚ですよ、笑

パパスやマルティナがあれば採用するのはアリです。短期決戦型のアグロテリーはサイレスは無くても良いですね。

攻撃力4かつステルスのあやしいかげは地味に嫌なユニットです。


マリガン基準

メラゴースト・プチアーノン・いたずらもぐら・モーモンの1コストはキープ対象。

ガチャコッコ・きせきのつるぎ・たてまじんも考えられます。

そして絶対出たらキープしたいのが雷鳴の剣。これが本当に出ないんですよ!13ターンぐらいになっても出ないことが多く、来てくれ来てくれ~!と願ったらモーモン()なんてことがよくありました、笑

剣を引けるカードを採用したこともありましたが、あまり役に立たずいまのデッキに落ち着いています。ただ序盤に盤面を有利に展開できていれば雷鳴の剣の必要なく勝てるので、雷鳴に頼らない展開を心がけるのが大事です。


戦うコツとしては早期にHPを減らすこと。ただテリーの場合は新しくカードを引けるのがわたぼうしかなく、相手に上手く処理されてしまうとデッキ枯渇で負けることが多いです。

シールドオーガはできれば相手がプレイヤーを攻撃してくるダメージを計算して、15以下で出せるようにしたいです。相手が上手いプレイヤーだとHP17ぐらいのところで攻撃を1ターン遅らせて警戒する人もいます。こちらの動きを事前に読まれてしまうとお手上げです。出したいときに限ってHP16だったってこともあるあるです、笑


ゼシカに注意

ゼシカはメラ系の呪文でウォールやにおうだちをすり抜けて直接プレイヤーにダメージを与えることできます。なので極力こちらのHPを削られないように戦う必要があります。HP13以下になったら黄信号。メラゾーマ・メラゾーマ・テンション技で一気に13ダメージ持って行かれます。またアグロでは必要不可欠な低コストユニットの多展開もイオなどの全体攻撃呪文で一気に淘汰されたりするので、非常に戦いにくい相手です。ゼシカに対峙したらHPと展開ユニット数を気にしながら戦いましょう。


最後に

最後に一つアドバイスを。

よくレジェンドランク〇位のデッキ公開!みたいなのがTwitterやYouTubeで拡散されることがあります。最初はそれで良く勝てたりします。でも数日経つと全く通用しなくなる。

使う人が多ければ多いほど、対策されやすいのです。

なのでそれを使って10戦ほどするとカードの必要・不必要が見えてきます。

大枠は変えずに、自分の感じたことを率直にデッキに反映してみましょう。

それだけで思いの他、勝てたりします。


そしてプラチナ3~2が実は一番きついです。

1まで行けたらすんなりレジェンドまで行ける人も多いはず。

私は1に上がってから負け続けて4まで落ちたこともありました、笑


そこからレジェランクそのままのデッキではなく、自分なりの工夫も入れたデッキでなんとか1まで返り咲き、そこから4連勝で一気にレジェンドまで登り詰めました。

前回の勇者杯のときはずっとプラチナ1と2が勝率半々ぐらいで上に上がれずに長く苦しんでいました。

そして遂にレジェンドに・・!きっとレジェンドは更に勝てないんだろうなあ・・と思ったら、レジェンドに上がった途端6連勝。

なるほど、レジェンドの上位は別格としてレジェンド昇格までが目標の人が多いんだなっと実感しました。なので一番苦しいのは間違い無くプラチナ3~1です。ここはみんなレジェンドを目標にしてるだけあってモチベーションがとても高い。

そこが一番の激戦区なので、ぜひレジェンドまで頑張ってください!









レジェンド達成したしまたドラクエ10記事を書くぞ~~!


人気ブログランキングへ